« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

素描―ゴリラ

Sobyogolila04 「ゴリラ」

The ZOOシリーズのための素描

なんだか、気が急いて、いつも“あたふた”して、時間を無駄に過ごすようになった。

元来せっかちな性格なのが、年齢的に下り坂に入って、益々加速をしているのだろうか。

「ああ、まずい」そう、ふと我に返ったら、必ず“象の歩み”を心掛ける。

一歩一歩、大地と共に…。呪文を唱えながら、体内時計のリセットを試みる。

一晩中、街灯の明かりがカーテンの隙間から入り込むこの環境で、体内時計の時間合わせは、なかなか難しい。

生物が生まれて土に帰るまでの時間について考えるとき、必ず頭に浮かぶ本がある。

本川達雄氏の『ゾウの時間 ネズミの時間』だ。

とてもとても気に入って、何度もトライしては挫折し(数式が難しくて私の脳みそには難解なのでした…)、それでも未だにトライして、絶対に手放せない大切な本だ。

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書) Book ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

著者:本川 達雄
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

人間のかたち

Man01 「人間のかたち」 

227×182㎝. F150  1997年

Mixed Mediums Painting 

「人間の元始って、なんだろな?」

そんなことを、夢いっぱいに考えられる時代は、ほんの僅かの間です。

大人になるに従って、知識がいっぱい増えてきて、不思議が段々減っていきます。

一端の口をきくようになり、頭も心も身体も充実した太り方をしているような…そんな気持ちになっていきます。

暮らしに追われるつまらない大人になって、天を見上げることも忘れてしまい

「知識と引きかえに、失ってしまったものも、また多かり」などと、独り言ちたりしてしまうこの頃です。

洋画家、野見山暁治氏の絵本は「人間の元始ってなんだろな?」に、子供の心のまま夢いっぱいに答えてくれます。

Kemukujyara_3 ケムクジャーラ
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

| | コメント (2)

hippopotamus―カバ

Zookaba 「Hippopotamus―カバ」

64.5×79.0㎝ 1986年制作

Bond Work ボンド・ワーク

2007年12月18日 カバのカンナが永眠しました。

福岡市動植物園で生まれ育ったカンナ。45歳、老衰。

日本で2番目に長く生きたカバでした。

「Hippopotamus―カバ」は、カンナをモデルに描かれた作品です。

大好きなものが、また一つ、いなくなってしまいました。

合掌。

| | コメント (0)

ギョッギョツ(魚魚)

Fishchain「ギョッギョッ!(魚魚)」

Chain Work - Installation  1990年制作

取っ掛かりは、1本の釘から。

壁面に向かい、無心で釘を打つ。

トントトン…トントトン。金槌の音のリフレーン。

不意に顔を上げ、挑むように姿勢を整えると、肩に担いだプラスチックの鎖を次から次へと打った釘に掛けていく。

数時間のうちに、釘と鎖でデッサンされた大魚が現れた。

だだっ広い壁面に打った一本の釘から、作家の頭の中には、既に壁面を泳ぐ魚の姿が見えているわけであるから、その創造に関しての脳の整理術には、まさに「ギョツ!」とさせられる。

物事を考え整理するのは、大変難しいな…と良く思う。

頭が疲れたときや、考えるのが煩わしくなったときには、必ずこの本に戻る。

こんなに何度も繰り返しページをめくった本は、他にはないと思う。

(まあ、なにせ古~い本なので…何度も繰り返し読んだからといって、別に不思議はないのですがね。)

思考の整理学 (ちくま文庫) Book 思考の整理学 (ちくま文庫)

著者:外山 滋比古
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

The Tree―fall

Tree01 「The Tree ― fall」

F30 2004年制作

銀杏の葉っぱで黄色く染まった歩道の上を、サクサクと音を立てながら、足早にバス停に向かう。

空気がピンと張っていて、吸い込むと肺の奥がキリリと痛い。

街のあちらこちらからは、クリスマスの気配が漂ってくる。

この季節になると、必ず引っ張り出してきては、読む本がある。

本の内容は変わらないのに、読後感だけが年々変わっていくのが、少し寂しい。

村上春樹氏の翻訳と山本容子さんの版画が素晴らしい。

(「おじいさんの思い出」と「あるクリスマス」の三部作として読める本)

クリスマスの思い出 Book クリスマスの思い出

著者:村上 春樹,トルーマン カポーティ,山本 容子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

象の災難 2001 2点組み

Sibiele 「ELEPHANT ACCIDENT 01」

250.0×146.0×14.0cm(2点組み) FUTON Painting

福岡市美術館コレクッション

ゾウ! 君たちを取り巻く環境は厳しい。

アフリカゾウもアジアゾウも…

国際自然保護連合が絶滅危惧種に定めているって、知ってた?

ゾウ! 君たちと人間が、いつまでも共存できる仲間であり続けますように。

ゾウ! Book ゾウ!

著者:スティーヴ ブルーム
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

マッコウクジラ

Fishkujirabond01 「笑うマッコウクジラ」

73.0×60.0㎝ 1990年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

不敵な笑みで潮を吹く。

羨ましいなぁ~と思うときは、ストレスMAX.状態。

…ということで、トイレで独り静かに、トイレ本に読みふける。

何処から読んでも、脳がピンボケしていても、適当に開いて読んでは

「ふーん」といって、閉じることが出来る本。

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号)) Book 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))

著者:村上 春樹
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

イエロー・フィッシュ

Fishyellobond03 「イエロー・フィッシュ」

73.0×60.0㎝  1997年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

イエロー・フィッシュは実在します。

海の中道 マリンワールド』のナポレオンフィッシュがモデルの作品。

実物のナポレオンフィッシュは、こんなんじゃありません。念のため。

猫に魚は定番だけれど…

家政婦猫の猫村さんは、坊ちゃんとの楽しかった思い出を糧に、今日も市原悦子をライバルに(?)、人(猫)情に溢れる仕事ぶりで、家政婦のプロを目指してがんばります!

ファイトだニャン!

きょうの猫村さん 1 Book きょうの猫村さん 1

著者:ほし よりこ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

SHOPPING MONSTER

Futonmon01 「SHOPPING MONSTER」

180×560×110㎝ 1991年制作

FUTON Painting―フトン・ペインティング

『誰かに似た人』…ではないけれど。

『誰かに似た作品』

今泉憲治の遺作『ショッピング・モンスター』を見るたびに

「あ、中島らもさんだ」と、少し嬉しくなる。

今夜、すべてのバーで
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »