« The Tree―fall | トップページ | hippopotamus―カバ »

ギョッギョツ(魚魚)

Fishchain「ギョッギョッ!(魚魚)」

Chain Work - Installation  1990年制作

取っ掛かりは、1本の釘から。

壁面に向かい、無心で釘を打つ。

トントトン…トントトン。金槌の音のリフレーン。

不意に顔を上げ、挑むように姿勢を整えると、肩に担いだプラスチックの鎖を次から次へと打った釘に掛けていく。

数時間のうちに、釘と鎖でデッサンされた大魚が現れた。

だだっ広い壁面に打った一本の釘から、作家の頭の中には、既に壁面を泳ぐ魚の姿が見えているわけであるから、その創造に関しての脳の整理術には、まさに「ギョツ!」とさせられる。

物事を考え整理するのは、大変難しいな…と良く思う。

頭が疲れたときや、考えるのが煩わしくなったときには、必ずこの本に戻る。

こんなに何度も繰り返しページをめくった本は、他にはないと思う。

(まあ、なにせ古~い本なので…何度も繰り返し読んだからといって、別に不思議はないのですがね。)

思考の整理学 (ちくま文庫) Book 思考の整理学 (ちくま文庫)

著者:外山 滋比古
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« The Tree―fall | トップページ | hippopotamus―カバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Tree―fall | トップページ | hippopotamus―カバ »