« 素描―クマ | トップページ | 幸せの仔豚 »

Elephant Accident85-The Rear

Sibiele02 「Elephant Accident-The Rear」

227.3×181.3cm Releif Painting

福岡市美術館コレクション

精神活動から生み出されるもの、文化。

芸術であれ、文学であれ、学問であれ…如何にして守り、後世に残していくか。

その役目を担うものの一つとして、芸術には美術館が存在する。

そして、文学には『文学館』が存在するのである。

毎日新聞東京本社の編集委員である重里徹也氏が、全国各地の文学館の中から、特に魅力的だと感じた15の個人文学館を訪れ、毎日新聞の「日曜くらぶ」で1年半に渡り連載していた記事が、『文学館の旅』として一冊の本になり出版された。

<…改めていうまでもないことですが、このような施設にとって、最も大切なのは「人」です。研究も、情報も、もちろん、愛着も、「人」に蓄積されていくのです>

あとがきで綴られた言葉がとても印象的で、文学館が果たす役割や今後の在り方について、考えるところの大きい本だった。

いつか、その地を訪れてみたいと思う文学館の情報が得られたことや、今まで手に取ることのなかった作家の本を、是非読んでみたいと思うきっかけになったことが、何よりの収穫だった。

文学館への旅 Book 文学館への旅

著者:重里 徹也
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 素描―クマ | トップページ | 幸せの仔豚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素描―クマ | トップページ | 幸せの仔豚 »