« Elephant Accident 85 | トップページ | Elephant Accident 99 »

The Tree―庭の木

Tree04 The Tree-庭の木」

F6号 2004年制作

始めは直径20センチ、高さ2メートル程の幼木だった。

風や雨…容赦ない自然の力に鍛えられ、じっくりじっくり、その地に根を伸ばし、今では大きな立ち木となった。

木の名は「アメリカフウ(アメリカもみじ)」

春に新芽を出し、夏には大きな葉を枝いっぱいに広げ、庭に大きな木陰を作る。

秋に見事な紅葉で人目を引いて、冬には丸裸になって、渡り鳥の休憩所となる。

木は美しい。彼らは大地と繋がり、大地は地球において、森羅万象の命の源となる。

画家、今泉憲治が急逝してから、もうじき三年。

大地に返った感想を聞いてみたいのだが、残念ながら肉体という器がなくなった今、人として対話をすることは、未来永劫、叶えられない願いとなった。

今泉が好きだったピアニスト、舘野泉さんは病気を見事に克服し、『左手のピアニスト』として、今もなお多くの人々に、音楽を通じて感動を与え続けている。

アメリカフウを眺めながら、館野泉さんの繊細で、透き通るような美しいピアノの音色を思い出し、失ってしまったものと、生き続けるものなどについて、ちょっとセンチに考えてみたりする。

冬は思考が後ろ向きになって、どうもいけない。早く春が来ますように。

フィンランド・ピアノ名曲集  樅の木op.75-5(シベリウス)  おすすめの一曲

フィンランド・ピアノ名曲集

アーティスト:舘野泉

フィンランド・ピアノ名曲集

|

« Elephant Accident 85 | トップページ | Elephant Accident 99 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Elephant Accident 85 | トップページ | Elephant Accident 99 »