« COMPSOGNATHUS―恐竜 | トップページ | STEGOSAURUSⅡ―恐竜 »

STEGOSAURUS―恐竜

Mon06 「STEGOSAURUS」

61×73㎝ 1987年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

世の中には使いみちのないものが沢山あって、それらは長い年月の間に自然淘汰されていく。

中生代ジュラ紀に栄えた剣竜の一種 『ステゴサウルス』

約二億一千二百万年前から一億四千三百万年前までの、およそ六千九百万年間を生き続けたステゴサウルスも、使いみちのないものとしてこの世界から消えてしまった。

都市高速を走るバスの窓から、黄砂と廃棄ガスで霞んで見える海の彼方を眺め、使いみちのないものをあれこれ考え、自分の名前を挙げてみる。

「ああ、これは名答。私って、本当に使いみちのない人間だものなぁ。」

そんなことを考えた日は、全く使いみちのない、くだらない本を読む。

村上春樹氏と稲越功一氏の名前が印刷していなかったら、誰も手には取らなかっただろうなと思われる、出版社の『使いみちのない本で懐を肥やす商法』に負けて、『使いみちのない風景』を購入。

ぱらぱらページをめくって「ホントに使いみちないなー」と独り言ちながら、いつのまにか安眠。

使いみちのないはずのものが、意外に、使いみちのないものとしての実力を発揮していたりするのでありました。

使いみちのない風景 (中公文庫) Book 使いみちのない風景 (中公文庫)

著者:稲越 功一,村上 春樹
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« COMPSOGNATHUS―恐竜 | トップページ | STEGOSAURUSⅡ―恐竜 »

コメント

・・・クスクス(^^)
なんだか「ムーミン」に出て来るじゃこうねずみさんが持ってる本、
「すべてがむだであることについて」を思い出しました。
読んでみたい本です。

投稿: 竹林たぬき | 2008年5月 7日 (水) 00時03分

・・・うふふふ(^.^)
「ムーミン」好きなのだよ。
この年齢にして、未だに子供とムーミンのアニメを観ているのだよ。
「すべてがむだであることについて」の本、読んでみたいね。
ムーミンの生まれた国、フィンランドにも行ってみたい。

たぬきさん、元気の芽がでてきたね。よかった。
(ついさっきブログに立ち寄りコメントを落としてきたばかり。以心伝心だ!)

しかし…この本、マジに頭来るよー。
『ハルキスト』対『アンチ村上』のリングに上る気はないけれど、この本は、駄目だよー。

投稿: 芸術を愛するブタ | 2008年5月 7日 (水) 12時02分

ステゴザウルス大好き。
5歳くらいのクリスマスに、恐竜セット(?)を貰って、ツリーのふもとに全部並べてました。その頃からステゴザウルス好き。理由はいまだにわかりませんが。

こないだ地下鉄の中で、「ムーミン」のミーに似たおばさんを見ました。おばさんだけど、すごい似てました。

投稿: 狩路 | 2008年5月 7日 (水) 13時27分

あるよ、あるよ。
うちにもあるよ、恐竜セット!(未だにあるのは、もしかして恥ずかしいことなのか…しかも子供のじゃなくて私のだし…)

ステゴザウルス…草食性だから好きなのかな。
可愛がっても、踏み殺されることはあっても、喰われるコトないし。
名前に不憫さも漂ってるし「捨て子ザウルス」
私も、すきー。

ミーおばさん。。。是非見たかった!(笑)

投稿: 芸術を愛するブタ | 2008年5月 8日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/20716195

この記事へのトラックバック一覧です: STEGOSAURUS―恐竜:

« COMPSOGNATHUS―恐竜 | トップページ | STEGOSAURUSⅡ―恐竜 »