« STEGOSAURUS―恐竜 | トップページ | TUOJIANGOSAURUS―恐竜 »

STEGOSAURUSⅡ―恐竜

Bond03 「STEGOSAURUSⅡ」

73×61㎝ 1987年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

闘うステゴザウルス。

卵や子供を守るときの威嚇の表情、かなり強面。

世間は『母の日』で、いたるところで、プレゼントやらカーネーションやらを抱えた人々と擦れ違う。

お母さんは、大変なのだ。感謝を一日で済まされるほど、楽ではないのだよ。

君らの気まぐれと好奇心のお陰で、育ててその死を看取った生き物の数知れず…

可愛いアマガエルの『ぴょんた』くんの為に、ミルワームを死ぬ気で手に乗せ餌付けに成功。

全身鳥肌で向き合った、ヤゴやアゲハチョウの幼虫やカブトムシの幼虫の羽化。

全長10cmにもなろうかというカマキリの『かまたん』の為に、日々、庭の雑草の中をかき分け捕まえた精霊バッタは一体何匹いたことか…。(足の硬いところだけを残して、バッタをバリバリ完食する『かまたん』に絶叫しながらも、何故か目が離せず、じーっと観察)

あのね、お母さんは、本当に大変なのだよ。

そして、当然、お父さんも大変なのだ。

もう、いなくなってしまった大好きな作家、中島らも氏が書いた、大変珍しい子供向けの本『お父さんのバックドロップ』

子供より子供っぽいヘンテコな四人のお父さんの姿に、ちょっとだけ胸が熱くなりました。

大人は一日にして成らず。

お父さんもお母さんも、そりゃもう大変だったわけよ…

ということで、来月は、1910年に始まった、アメリカのJ=B=ドット婦人提唱の『父の日』だ。子供たちも大変ね(笑)

お父さんのバックドロップ (集英社文庫) Book お父さんのバックドロップ (集英社文庫)

著者:中島 らも
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« STEGOSAURUS―恐竜 | トップページ | TUOJIANGOSAURUS―恐竜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/20881047

この記事へのトラックバック一覧です: STEGOSAURUSⅡ―恐竜:

« STEGOSAURUS―恐竜 | トップページ | TUOJIANGOSAURUS―恐竜 »