« 心景 | トップページ | どすこい大相撲 一番勝負 »

Mother and Child

Etching01 『Mother and Child』

Color Etching 1983年制作

「初めは一匹のつもりやったんだぞ」

と、父が言った。

ある日、実家へ帰省すると、小さな仔猫が一匹、父の寝室に住み着いていた。

あれから数年。猫は毎年増えていき、現在では、世間で言うところの『猫屋敷』へと変わりつつある、片田舎の実家である。

職場の駐車場で、職員の昼食の残飯を何度か与えているうちに、父の姿を駐車場付近で見つけては、「にゃぁーん」と擦り寄ってくるようになった仔猫。

まだ暖かいうちは何も感じなかったが、段々と冬が近付き気温が下がってくると、父は仔猫のねぐらの心配をするようになってきた。

そこで、不安を抱えて仔猫を想うより、自宅に連れ帰ったほうが、自分自身の精神的な負担が少ないと、父は判断したようだ。

動物病院で処置を受け、人間の住処へ連れて行かれた仔猫は、やはり野良猫。なかなか人には懐かず、現在も父以外の人間には心を許してはいない。

これも父性愛というのだろうか。

猫にとって、これは幸なのか不幸なのか…。

少女時代に、一人芝居ができるほどに読み込んだ、大島弓子著の『綿の国星』の擬人化された猫たちの世界は、心を暖かい毛布で包んでくれた。

その大島弓子さんも、随分と色んな経験をされ、今ではりっぱな『猫屋敷』の主となっていらっしゃるようだ。

大島弓子さんの猫たちとの暮らしを描いたエッセイ漫画が『手塚治虫文化賞短編賞』を受賞し、映画化されて今秋全国一斉公開とのことである。

母性愛。父性愛。人間のエゴイズム。猫のあるべき姿。野良猫と家猫…

今秋は、色々と考え事がつきずに過ごせそうかな。

グーグーだって猫である

著者:大島 弓子

グーグーだって猫である

|

« 心景 | トップページ | どすこい大相撲 一番勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/22454064

この記事へのトラックバック一覧です: Mother and Child:

« 心景 | トップページ | どすこい大相撲 一番勝負 »