« エイ | トップページ | アシカ-sea lion »

笑うシロナガスクジラ

Fishkujirabond02 「笑うシロナガスクジラ」

60.0×73.0㎝ 1990年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

歩道を歩きながら「ちっ」と舌打。

ものすごい悪臭に思わず立ち止まって、靴の裏を見る。

「あー、もうっ!

靴の裏に粘りついた猫の糞を想像し、げんなり。

…と、てっきり猫の糞を踏んでしまったと思い込み、独りでイラついていたら、なんと悪臭の正体は銀杏でした。

「そうか、そんな季節かぁ」

ちょっと嬉しいような、寂しいような…そんな気持ちになったのは、先々週のこと。

ところが、今週に入り突然気温が下がり始め、夜明けの冷え込みに耐えかねて、大変面倒くさい布団の入れ替え作業を余儀無くされてしまった。

そして…得意の「冬眠態勢」に入る。

ゆえに、ギャラリーも暫くは『水族館』巡りです。

クジラは昔 陸を歩いていた―史上最大の動物の神秘 (PHP文庫)
Book
クジラは昔 陸を歩いていた―史上最大の動物の神秘 (PHP文庫)
著者 大隅 清治
販売元 PHP研究所
定価(税込)   ¥ 581

|

« エイ | トップページ | アシカ-sea lion »

コメント

水族館、いいですね。大好きです。特に、水棲哺乳類が! ゴンドウクジラの仔が練習プールにいるのを見つけて遊んだことがあります(水から立ち上がらせたりして)。あの楽しみ方からして、かれらはユーモアがわかるんじゃないか? この絵を見ると余計に、かれらは本当に笑うかも知れないと思います。地球最大の生物がココロから笑える海を維持して欲しいですね。

投稿: 狩路 | 2008年11月 8日 (土) 09時50分

海を終の棲家とする生物でも、魚類はかなり苦手なんですけど、水棲哺乳類は、いいですよねー。
でも、やっぱり…「抱っこしてチュー」的な愛情は湧かないかなぁ。。。(^-^;

「触ると冷り」系が、どうも苦手です。
「もちもち、ふわふわ、ぬくぬく」系が得意なので。(子犬の肉球は絶品!゜.+:。(*´v`*)゜.+:。ヘロヘロ)

>かれらは本当に笑うかも知れないと思います

うん、かれらは本当に笑うかも知れないと思います、と思うことがあります( ^ω^ )

投稿: 芸術を愛するブタ | 2008年11月10日 (月) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/24788985

この記事へのトラックバック一覧です: 笑うシロナガスクジラ:

« エイ | トップページ | アシカ-sea lion »