« 人間のかたち‘97 | トップページ | エイ »

人間のかたち

Man06 『人間のかたち』

67.0×82.0cm 1996年制作

Mixed Mediums on Shaped Cardbord

古い大学病院の廊下にて。

今、私が通院している市内の大学病院は、旧棟と新棟に分かれていて、二階部分でその二つが結ばれている。

基本的に、外来や新患診察は旧棟で、入院や最新の医療機器を使用した検査は新棟で行なわれているようである。

旧棟の天井は低く、ところどころ外れかかったパンチング加工の天井パネルが、行きかう人の頭上数十センチのところで、辛うじて天井にぶら下がっているのが危なっかしくて、ついつい目がいってしまう。

その天井パネルとは対照的に、たった今取り替えましたといわんばかりのピカピカの蛍光灯が、長い廊下と並行して、建物の端から端まで続いている。

廊下に沿って連なる診察室の扉は、幾層にも塗り重ねられた塗料で厚ぼったくなっていて、その扉の取っ手と蝶番の部分だけが新しく、不釣合いに光っているのが印象的だ。

長い長い廊下に沿って、診察室の扉と扉の間に、待合の長椅子が、これまた建物の端から端までずらりと並んでいる。

その長椅子にぽつんと座り、自分の名前が呼ばれるのを、静かに待ち続けるのが、患者に与えられた役割だ。

待ち時間というのは、いつも心が空っぽになる。これから起こるであろう色々なことに迅速に対処できるよう、少しの間、心に休息を与えているという感じだ。

そんな空っぽの心で長椅子に腰し掛け、長い廊下を端から端まで、何の気なしに眺めていると、よく磨きこまれた古い廊下に、周りの様子が映りこんでいることに気が付いた。

新棟とは建物全体の空気がまるで違うものだなと思いながら、蛍光灯の光が反射する長い廊下を見つめる。

そして…古い大学病院の廊下にて、小さな発見をした。

廊下にくっきりとストレッチャーの轍が残っていて、ベージュのリノリウムの廊下が、轍に沿って波打っているのである。

一体、何百回、いや、もしかしたら何千回、患者を載せたストレッチャーがこの廊下を行き来したのだろうか。

簡単な病気や怪我の人もいれば、そのストレッチャーで運ばれたまま、二度とは帰ってこなかった人や、未だに重病と闘い続けている人もいるのかもしれない。

廊下の轍は、病院の歴史を物語っていると共に、その時確かにそこにいた誰かが残した生の軌跡でもあるのだろう…と、そんなことを考えてしまった。

しかし…病院というのは、目的が自身の病気の受診でも、誰かの付き添いでも…やっぱり苦手で、なかなか慣れないなぁ、と苦笑するばかりである。

 海堂尊/チーム・バチスタの栄光 海堂尊/チーム・バチスタの栄光
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

|

« 人間のかたち‘97 | トップページ | エイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/23760497

この記事へのトラックバック一覧です: 人間のかたち:

« 人間のかたち‘97 | トップページ | エイ »