« 笑うシロナガスクジラ | トップページ | イルカ-dolphin »

アシカ-sea lion

Fishasikabond02

「アシカ-sea lion」

73.0×60.0㎝ 1990年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

寒風吹きすさぶ中、ガタガタ震えながらアシカショーに付き合わされたのも、遠い思い出となりまた。

アシカも子供も大して変わらないや。うーん、どちらも可愛い。

と、ちょっと離れた目線で両方の生物を眺めていたのも、遠い思い出。

子供は自分の世界をどんどん拡げて、今度はあちら側が、ちょっと離れた目線で大人という生物を観察している模様。

なかなか面白い、子育て駆け引き時代に突入しました。

『少年アシベ』の著者、森下裕美さん。

随分昔のことですが、この漫画の主人公アシベ少年のペット、ゴマフアザラシの「ゴマちゃん」というキャラが大ヒットしました。

その森下裕美さんが、手塚治虫文化賞短編集、文化庁メディア芸術最優秀賞をW受賞した最新漫画『大阪ハムレット』

「これが『少年アシベ』の、あの森下裕美?」と、思う人もいれば、

「ああ、『荒野のペンギン』の森下裕美が帰ってきた!」と、思う人もいるだろうな。

そんなことを考えながら、『大阪ハムレット』を一気に読み終えて…

なんだか心がズドーンと落下してしまったので、本家本元「シェイクスピア」の戯曲『ハムレット』を読み直し、水底でブクブク彷徨う心を、水面にプカプカ浮かぶくらいまで復活させてから、布団にもぐって早寝をしました。

「To be or not to be, that is the question」

『大阪ハムレット』を読むと、感動して寝付けないという人もいるようで…読後感は色々です。晩秋の夜長に、浮くか沈むか、お試し半分に一読いかが?

大阪ハムレット 2 (2) (アクションコミックス) Book 大阪ハムレット 2 (2) (アクションコミックス)

著者:森下 裕美
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 笑うシロナガスクジラ | トップページ | イルカ-dolphin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/24949178

この記事へのトラックバック一覧です: アシカ-sea lion:

« 笑うシロナガスクジラ | トップページ | イルカ-dolphin »