« 金魚-goldfish | トップページ | タコ―octopus »

サメ―shark

Bond15 『サメ-shark』

73.0×60.0㎝ 1990年制作

Bond Work(ボンド・ワーク) Mixed Mediums on Card Board

小学校に中学校…身近なところでインフルエンザ発症の報告が届き始め、日々、戦戦恐恐。

↑↑インフルエンザウィルスって、こんな感じ?

ああ、コワイコワイ。

海に入らなきゃサメには出会わずに生きていけるけれど、ウィルスに出会わずに暮らしていくのって…ちょっと無理。

マスクに、うがいに、手洗いに…ウィルスに出会っても、どこかで振るい落として、何とか逃げ切りたいものだと、母子で戦闘態勢へ…スイッチ・オン!

…しかし、人間も怖いものです。

できれば出会いたくない『ブレストの乱暴者』の主人公、水夫のクレル。

何度読んでも良く理解できない言葉の数々…。何度読んでも、意味不明の主人公の心の動き。

それでも、何度も挑戦して再読してしまうのは、この本が澁澤龍彦氏の翻訳で、わたしの愛する(故)中島らも氏が愛読していた本だから…というつまらない理由。

考え事が多すぎて人生が面倒臭くなったら、只管にジャン・ジュネに向かうのも、なかなかよいかも。(わが身の日常の穏やかさに、退屈の素晴らしさに、小さな満足感が湧いてきたりします( ´_ゝ`)フフフーン)

ブレストの乱暴者 (河出文庫) Book ブレストの乱暴者 (河出文庫)

著者:ジャン ジュネ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 金魚-goldfish | トップページ | タコ―octopus »

コメント

風邪がながびいてます・・・咽頭炎です。 喉の奥が白くなってきたので自力回復を諦め病院へ行こうとおもってます。 crying

投稿: ビディの母 | 2008年12月24日 (水) 09時38分

大丈夫ですか!?∑(゚∇゚|||)
咽に白血球の死骸(白い物体)がつくほど腫れたら、やっぱり薬の力を借りなくては、ホメオパシーだけでは駄目みたいですよ(体験済みナリ…)

普段抗生物質など摂取されないビディママだから、3日も飲めば即効なんではないかと…ご無事をお祈りしていますweep

痛い辛いX'masですね(u_u。)グスン 早く良くなれ…!!

投稿: 芸術を愛するブタ | 2008年12月25日 (木) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/26381632

この記事へのトラックバック一覧です: サメ―shark:

« 金魚-goldfish | トップページ | タコ―octopus »