« ハリセンボン―porcupinefish | トップページ | ウィング・フィッシュ―wing fish »

水玉魚―polka dot fish

Bond03『水玉魚―polka dot fish』

60.0×73.0㎝  1990年制作

Bond Work Mixed Mediums on Card Board

「現代美術家にできることは、もう、精神論で勝負すること以外に残っていない」

というのが、今泉の口癖だった。そして、それが今泉の最も苦手とすることでもあった。

どんなに新しい技法を求めても、それらは皆、実は先人が残した絵画の軌跡を辿るだけにすぎないことに気付き、自分は何も生み出していないことを知る。

カンバスに一本の平行線を引き、『未来―現在―過去』というタイトルをつける。後は、その主題について、如何に鑑賞者をうならせる饒舌な舌(精神論)が備わっているか…というのが、現代美術家の魅力となる。

今泉は、「僕が現代美術家として成功することはまずない」と言っていた。

「絵を描くのが好きで、自己満足のために描いているものに、上っ面だけの精神論をつけても、ただそれだけのものでしかないことは、作品を見ればすぐに解るだろう」

そう言いながら描き続けた作品は300点以上にのぼり、アトリエの中にぎゅう詰めにされた遺作だけが残った。

2007年に亡くなった美術史家、若桑みどり氏は自著の『絵画を読む イコノロジー入門』の中で現代美術について、

「(近・現代美術では)芸術が非常に個人的になっただけではなく、ときには、意図的に『意味』を拒否する作品も生じてくる……そのような主題をもたない作品の解釈や現代美術の理解には、知覚的心理学や精神分析学を含めた、イメージと人間の精神との関連について、また、イメージの表現方法の様々な局面についての多面的で深い洞察力が必要になる」

と述べている。この本自体は16,17世紀の西欧美術について書かれているものであるが、絵画鑑賞を趣味とする人には、貴重な「目から鱗!絵画鑑賞法会得!」的な読み応えのある内容が沢山書かれていて、大変面白いのではないかと思う。

さて…今泉の話に戻るが、50代に突入した彼の口癖は

「自然の法則に従えば、家族の中で一番先に死ぬのは僕だ。僕は芸術家として大成する口ではないが、子供たちが僕が描いてきた作品とその過程をずっと心に留め置いてくれたなら、個人的にはそれで成功だったと思う」

と言うものだった。2年後に急逝した彼の、これが遺言となってしまった。

遺言を守るため、ブログ上で遺作整理を始めてまもなく1年。

残念ながら『多面的で深い洞察力』が備わっていない身としては、ただ遺作を一枚ずつ整理することしかできないのだが、いつか遺作を全て整理し終える日がきたときに、そこに『絵を描くことに取り付かれた一人の人間の人生』を垣間見ることができたら…

そう思うと、両肩に乗っかった様々な困難を払いのけて、もうちょっと生きることに立ち向かってみようかなぁ、と考えたりする2009年の始まりであります。

絵画を読む―イコノロジー入門 (NHKブックス)

絵画を読む―イコノロジー入門 (NHKブックス)

著者:若桑 みどり

|

« ハリセンボン―porcupinefish | トップページ | ウィング・フィッシュ―wing fish »

コメント

あらあら あらノ(´д`*)
高級魚が~(じゅるり・・・)

現代芸術って、『口で勝つ』ものだったのですか?・・・(;´∀`)

(この行間に、たくさんのものを読み取って欲しいです!)

わたくしてきには、
ブタのトラック見てついつい追っかけて、養豚場までついて行ってしまう能天気夫婦をジブリ風(魔女宅あたりの)に妄想できて楽しくて・・・。
そういう、そこからまた想像力が膨らむ絵が好きと思います。

象のオブジェも、作品から受ける悲鳴の様な強烈な感覚が、芸術を愛するブタさんの言葉と一緒になると、苦痛も包み込んでしまう暖かいものを同時に感じ取れておちつきます。

ギャラリーから見れば、このブログはすでに絵画と文章による一つの作品なんだと思いました。これからも頑張ってくださいね!

投稿: 竹林たぬき | 2009年1月17日 (土) 11時16分

たぬき様noodle

>現代芸術って、『口で勝つ』ものだったのですか?・・・(;´∀`)

社会的に有名になるとか、そういうことを成功と呼ぶのなら、『口=社交性』は必要不可欠な要素であると思います。
社交下手なマニアックな奴は、ただの変人で終わっちまう…かなぁ。(=今泉のおばかさん)
で、ここで言う成功は『絵がお金に換算される=商品価値がある』かどうかなので…まあ、うちの場合は、金にならない遺作が山のように残って「どうすんじゃ、これ?」的な溜息が…ははは
ってことで『成功しなかった現代美術家の大家』の良い例です。

能天気夫婦は貧乏暇なし夫婦でもありまして…やってる当人たちは、たぬきさんの仰るとおり、たのしかったデス( ̄▽ ̄)
初代の象のオブジェの制作助手をしたとき、出来上がった当日の夜に過労から血尿だして入院した、お馬鹿な日々などを回想したりもいたしますデス。

>(この行間に、たくさんのものを読み取って欲しいです!)

たぬきさんは、優しいね…とか、芸術に関わらないとこで、たくさんのものを読みとらせてもらったつもりですが…
これじゃ、回答にならないかぁ~c(>ω<)ゞ

>高級魚が~(じゅるり・・・)

あのさ…これ喰ったら、悪い病気になりそうな気がするんだけど、わたし(笑)
また、たぬきさんちに遊びにゆきます。

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年1月17日 (土) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/27032975

この記事へのトラックバック一覧です: 水玉魚―polka dot fish:

« ハリセンボン―porcupinefish | トップページ | ウィング・フィッシュ―wing fish »