« 水玉魚―polka dot fish | トップページ | アンコウ―anglerfish »

ウィング・フィッシュ―wing fish

Bond02 ウィング・フィッシュ―wing fish』

60.0×73.0㎝  1990年制作

Bond Work Mixed Mediums on Card Board

いつも手元においている、ボロボロの文庫が一冊。

丁寧に開かなくては、索引のページなどはもう、本体からはらりと抜け落ちそうな状態にある。

入手したのは12年前。以後、大切な情報源としてずっと手元においていて、「ええと、あれれ?」と思うたびに本を手に取る。

昔、子どもらがまだ、とても小さかった頃、庭のフェンスに『美男葛(ビナンカズラ)』と『屁糞葛(ヘクソカズラ)』が群生していて、秋になるとどちらも一斉に結実し、これらの実は子どもらの恰好のおままごとの道具となった。

ビナンカズラの雌株がつける実は大変美しく、目の覚めるような鮮やかな赤い実が、おいしそうな果物よろしく房になって蔓にぶら下がる。ヘクソカズラは、『屁・糞』カズラというだけあって、強烈な臭いを放つが、これもまた可愛らしい黄褐色の実をつけ、子どもらにとっては魅力的な遊びの材料となる。

さて、ある日、小さな子らが我が家の庭に集まって、いつものようにおままごとに熱中している姿を何気なく見ていたら…彼らは砂場用の小さなバケツに水を張り、その中にビナンカズラの実をもぎっては浮かべ、楽しそうにバケツの中を覗いていた。

「きれ~ね~!きれ~!」と喜んでいるうちは微笑ましくて良かったのだが…中の一人が突然に「おいしそ~!」と、赤い実の美しさに食欲を刺激され、バケツの実を掴んでパクンと食べてしまったのだ。

「ぎゃーっ!!」…と絶叫し、母が庭に飛び出して行ったのは言うまでもない…

しかし、こちらが子どもに食べたものを吐かせる前に、「ブベッ!!」と子ども自ら、その実を吐き出してしまった。大変苦くて、とても食べられたシロモノではなかったようだ。

ホッとしたのも束の間、違う子が「くちゃい(臭い)、くちゃい~」と、嬉しそうにへクソカズラの実をグチュグチュに手で握りつぶして、楽しそうにその汁をあちらこちらに塗りたくっている。

…生きた心地がしなかった…

正体(成分)のわからないものを、体内に取り込んだり皮膚に塗り込んだり…まだニ年ちょっとしか生きてない子らの人体に、一体どんな影響が出るのだろうか。

植物の汁に触らないこと、口に入れないこと、厳しく注意を与えてドキドキしながら子どもらの様子を見守り、夕方、何事もなさそうなのを確認してからそれぞれの親元へ返し、その足で本屋へ直行。

そこで手に入れたのが、このボロボロになった大切な文庫『薬草・毒草300プラス20』(朝日新聞社編)である。

ビナンカズラは『小枝を水に漬けると、皮に含まれた粘液でとろりとした液となり、昔はこれでちょんまげのくせ毛をなおしたことから美男葛(びなんかずら)の名が生まれたという…中略…果実を採集して日干しにしたものを南五味子(なんごみし)と呼び、保健、咳止めに一日量500グラムを煎用するが、苦味が強いので砂糖などで調味する』とのこと。

ヘクソカズラは『秋から冬にかけて目立つ果実は、つぶすと黄色い果汁が出て、しもやけによい。市販のハンドクリームに混ぜて患部に塗布しておくとにおいも気にならない』とのことであった。

ほっと一安心。

無知であることは、大切な機会を逃し、生活圏を狭めてしまうのだなと実感。無駄な禁止をせずに済んだはずのところを、無知から来る恐怖で、わたしは遊びを中断させてしまった訳だ。もちろん、苦い実を食べて吐き出した子は、実践で知識を得ているわけだが、それがなぜ食べられなかったのかを知ること、そこから先がとても大切なのだと思う。

ひと昔前なら、ご老人たちがニコニコしながら「そりゃ、良薬は口に苦しで、別に悪かもんやない」などと知恵を授けてくれることもあったろうが、現在は、ご老人たちも仕事に習い事に旅行に…と大変多忙で、のんびりと先人の知恵を授けるゆとりなどなさそうである。

健康で長寿であるというのはあり難いことだけれど、時間の流れがいつも何かしらせかせかしていて、残念に感じることも多い。

薬用植物も、扱い方や摂取量によっては毒草になりうることを忘れずに。何でもほどほどに…がよろしいようで。

薬草毒草300プラス20  /朝日新聞社/編 [本] 薬草毒草300プラス20 /朝日新聞社/編 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

|

« 水玉魚―polka dot fish | トップページ | アンコウ―anglerfish »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/27215146

この記事へのトラックバック一覧です: ウィング・フィッシュ―wing fish:

« 水玉魚―polka dot fish | トップページ | アンコウ―anglerfish »