« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ELEPHANT ACCIDENT ― 無題 もしくは 憤怒

Paint04 『ELEPHANT ACCIDENT 

  ― 無題 もしくは 憤怒』

182×227㎝ 1995年

Mixed Mediums Painting

作品解説→「ele951118.pdf」をダウンロード

― 象は顔面に怒りのシワをよせ、一体、何に憤怒しているのか……

平面制作への回帰を試み、表現することの限界に苦悩し、がむしゃらに制作を続けていた作者には、この作品を制作した当初、タイトルをつけることができなかった。

発表時、『無題』とされた作品は、のちに『憤怒』と命名された。

自分への限界、作品による警鐘などという人間の傲慢さ、乱獲により滅びゆく象の現実……

様々な思いが、憤怒となった。

さて今頃は、あれほど愛情を注ぎ、その成長を楽しみにしていた子どもたちの育児を放棄し、あっけなく早世してしまった自分の不甲斐なさに、あの世で憤怒しているのではないかと思ったりする母である。

身近にいる大切な人が、意外な形で死んでしまったりすると、体調に関して酷く神経質になってしまう。

息子が一週間解熱せず、ひたすら闘病。折りしも学校はインフルエンザが流行中で、学級閉鎖も出始めたばかり。

近所の小さな内科医院で受けたインフルエンザ簡易検査は、陰性。しかし、熱は一週間も続き、動きが取れない状態である。

発熱5日目、不安はピークに達し、別の医院を受診。ここでも、ハッキリした病名はつかず、

「ただの風邪か、状況から考えて、インフルエンザであったが、簡易検査に引っかからなかっただけかもしれないですね。重症化してさえいなければ、まあ、どちらでも良しということでしょう」

というような診断だった。言われるとおりで、問題は重症化しそうな兆候が少しでも見られたときに、どう対応するかなのだろう。

……しかし、訳の分らない長引く病状は、母の心に強烈な疲労を残します。未だ疲れはとれないままに、連休へ突入。

もう誰も、大きな病気や怪我をしませんように……仏壇に合掌しながら、自分を勇気付けるために祈るのでした。(宗教にのめりこむのって、こういうところから始まるのかもなぁ~、、、などと苦笑coldsweats01

さて、闘病中の暗~い我が家に、幸せの宅急便が……『虚構世界ブログ』のお友だちから、可愛らしい贈り物が届きました。

お友だちは、『みのむしの独り言』のboominさん。あみぐるみのプロで、めっちゃ可愛い人形たちを作ってらっしゃいます。

Dsc00279 ←我が家の家族に加わった、いちごニャンコちゃんとワンちゃん、ちびちび仔猫ちゃん、で、美味しそうなスイーツたちです。

いちごニャンコちゃんには、沢山の兄弟たちがいます。boominさんのブログに遊びに行けば、いつでもあえますconfident

さて、boominさんは、母としての大先輩でもあります。自閉症の息子さんを見守りながら、沢山の経験を積んでいらっしゃいます(尊敬!!)

NPO法人かしば手をつなぐ育成会事務局『かしの木』の運営に携わり、子どもたちの成長を温かく見守りながら、悩みを抱える家族の方に、勇気と元気を与えていらっしゃいます。

我が子の病状に、不安でパニックになる未熟な母とは大違い(苦笑 ヾ(_ _*)ハンセイ・・・)

育児でお疲れのお母様方、boominさんのブログに、元気を分けてもらいに行かれてみませんか~happy01

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »