« ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅰ | トップページ | あけましておめでとうございます »

ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅱ

Ele16 『ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅱ』

180×100㎝ 1998年

Bond Work

助手のお仕事時代……の、ちょっとした回想。

基本は忍耐。

芸術家様のこだわりと気まぐれに、どれだけ忍耐強く対応できるか……

というわけで、基本事項の中に『尊敬』の感情が抜け落ちていると、なかなか長続きしないお仕事です(笑)

某年某日の、とある会場での作品搬入の日。

芸術家様の頭の中には、ふくらむふくらむ(無謀な)構想がいっぱい。

― あれをこちらに、これをあちらに……

― 床からの距離をセンチ刻みで正確に。作品の間隔をミリ単位で正確に。

― 水平垂直は基本中の基本。作品のゆがみは空間を乱すと心得て。

……いや、いいのです。芸術家様は何を言っても。助手は言われたとおりに動きます。

「それって、ちょっと、変じゃ~ん。基本、間違ってねえかぁ~(゚Д゚)?」

と、たとえ思ったとしても 

(↑ たとえ…です。あくまでも、たとえ…(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ)

決して口には出しません。なぜなら、助手のプロだから。

(↑ 嘘です。本当は、面倒くさいからです。ごめんなさい)

「げ、マジかよ」と、清き心の声が聞こえようとも、言われるがままに迅速に対応。

小さめの作品は、大した労力ではないので、まあ、良しとしましょう。

問題は、大人四人がかりでも、ふうふう言わなければ運べない作品の場合です。

美術館の展示室も、作品も…どちらも傷つけるわけにはいかないので、細心の注意が必要で、心身ともに疲れる搬入となります。

…で、そのバカでかくて、軽く80キロは越える作品を何とか壁面に立て掛け、ふう~っと汗を拭っていると、、、

会場を眺め回して、芸術家様は軽くひと言。

「ああ、あっちの作品と入れ替えたほうががいいな」

……そ、そうですか、、、、一息ついていた助手たちはモゾモゾと動き始め、えんやこらどっこいしょ、と作品を移動させる。

「うーーーん。いまいちだな。やっぱり、最初に戻しましょう」

……そっ、そーーなんですかぁっ!元あった場所に戻すとおっしゃるんですかぁっーー!

段々と無口になっていく助手たちは、それでもモゾモゾと集合して、作品を元の位置に戻す。腕がプルプル震えます。。。頼むから、これ以上もう何も言うなよ、、、という言葉は心の奥深くに飲み込みます(-゛-メ)

さて、芸術家様が暫く会場を眺めていると、事務局からお呼びがかかり、会場を暫し出て行かれることに……で、出て行く際に軽くひと言。

「ああ、この作品、あと1センチ右に寄せといてください」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

縦2メートル 横3.7メートルの、この作品をですか?1センチ右にずらせと?

芸術様が去った後、助手は皆、背骨から溶けて軟体動物と化しました。

誰一人、動こうとはしないのでした、、、皆の心は哲学の小路へ……1センチの意味を求めて(笑)、、、あったりめぇじゃ!! p(`ε´q)

結局、助手の抜け殻たちがグズグズ放心している間に、芸術家様が戻られ、会場を見てひと言。

「あ。いいじゃない。よし、これでいきましょう」

……って、誰も作品を動かしちゃいねぇーぜ、おい。

しかし、助手は抜け殻からもとの助手に戻り、皆で 「はい o(*^▽^*)o」と、大変良いお返事をして搬入から開放されるのでした。

めちゃめちゃやな……この人、、、とは思うものの、並んだ作品群に元気を貰って、いい気分で搬入の一日を終えるのでした。

さて、今泉の昔々の同僚の声楽家、笠井キミ子先生からリサイタルのお知らせが届きました。

いつもカラフルな衣装に身を包まれた、大変お洒落な先生で、よく展覧会場へ足を運んでくださいました。

笠井先生が作品前に立って鑑賞をしていらっしゃるのを後ろから眺め、今泉がよく、

「笠井先生、作品の一部になってるね」

と、感心していたのを覚えています。

今もお元気で綺麗なソプラノをご披露されていらっしゃるご様子、大変嬉しく思います。

Kasai 笠井キミ子 ソプラノリサイタル

ソプラノ 笠井キミ子

ピアノ 楠本隆一

バレエ 長谷川さくら

2009年12月14日(月) 18:00会場 18:30開演

福岡銀行本店大ホール チケット:3,000(全席自由)

お申し込み・お問い合わせ 

詳しくはこちら→「kasai.pdf」をダウンロード

|

« ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅰ | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

芸術家先生も大変ですね~happy01
私も以前は、
「このやり方はあーだこーだ」
って言われて、やり直したり。。。
散々な目に合いましたよ。。。
もう、文句言う人いなくなっちゃいました~

大変なお仕事ですねぇ
私には勤まりそうにありません。

投稿: こちくん | 2009年11月23日 (月) 20時31分

1センチの意味、深いですね。
芸術は出来上がれば一つの作品として世の中に残りますが
芸術家が創作しなければこの世に存在しません
最初に創作した人の魂がこめられているのでしょう。

ほんの少し(1センチ)のズレは気になるけど、それを動かす人の大変さには気づいているのかいないのか?

天才の考えていることはなかなか理解しがたいです。
理解はできないけど富山の水墨美術館に時たまいきます。
有名な作品だと人が沢山いるのでなるべく空いているときにいきます。なかなかいいところですよ。

投稿: パンダ | 2009年11月23日 (月) 21時38分

清きココロの声!
相対しているのが天才芸術家さまなら救われるのですよねー。それ以外の場合は、・・・・よそに芸術のかけらを求めて修行の旅にでも行きます。が、
冬に向かうと思えば全部ゆるーす♪

投稿: 狩路 | 2009年11月27日 (金) 21時45分

芸術家様の頭の中にふくらんだ構想も、その人を愛して尊敬している
助手の方々がいて初めてひとつの作品となるのですね。
芸術のことはまったくわかりません。まして天才の考えられることなど???です^^;
私だったら、『じゃあ自分でやれば』って言ってしまいそうですsweat01
芸豚さんのご主人に対する深い愛情があればこそ出来ることですね。
最初の絵、象さんのおしり?ですか。(間違ってたらごめんなさいです。)
なんか、かわいいなあ。好きです。

投稿: boomin | 2009年11月28日 (土) 00時10分

beerこちくん

こちくんのところの硝子製品は、こちくんがプロデュースしたりするんですか??
硝子って好きだし、クリスマスで贈り物の時期だし……
ということで、こちくんのショップを覗くんですけど、
黒いストライプの切子、、、怖いくらいに美しかった!!

こちくんのショップ http://shop.atcreo.jp/

もしかして、こちくんは硝子の芸術家だったりするのですか?
それとも、硝子を売ったら日本一の商才溢れる経営者の方ですか??(笑)

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年11月28日 (土) 20時57分

penパンダさん

イラつく1センチ……って、とこです(笑)

『富山水墨美術館』って、綺麗なところですね。
日本の美術史に関する情報も、日本画に関する企画も盛んなんですね。
竹内栖鳳、横山大観なんかも所蔵されてる?ような……
富山に行ったら、パンダさんちのスーパーと灘浦荘と富山水墨美術館の3つには是非立ち寄らねば!catface

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年11月28日 (土) 21時07分

snow狩路さま

狩路さんの冬が来た!!
(冷え性のわたしには、つらーーい季節の始まりですが、、、)

新しいお家は、とても良いところみたいですね。
わんちゃんと狩路さんが、二人?して冒険家になって新しい土地を探索しているのが楽しくて、ちょこちょこお昼休みに覗きに行ってます~。(最近、自宅のパソコンをほとんど触れなくなりました……てか、その時間を睡眠に当てている、冬眠の日が近い冷え性の中年です┐(´-`)┌)

おお、今日も無事に生きてらっしゃる、などと思いつつですが。
わんちゃんも狩路さんも華奢なんですから、大好きな冬に計画立てすぎてダウンしませんように(笑)

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年11月28日 (土) 21時20分

budboominさん

『じゃあ自分でやれば』

これって、正常な反応ですよね(笑)
ああ、言ってみたい。
生き返ってもらわんことには言えませんがね(残念じゃ~)

象さんのおしり……
お尻好きの自称芸術家 兼 元旦那様は、モチーフを決めると、必ずお尻を描いていたので、お尻シリーズは沢山ありますデスよー。
お尻を可愛いと言うboominさん、意外に助手向きだったかも~(笑)

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年11月28日 (土) 21時28分

ご主人様は芸術を愛するブタさんがいればこそ、色々出来たんですよ。 私なんか、友達に文句があるなら自分でやれ~とどやされます。
ご主人さん、表現方法は違うけど、絶大な信頼をやはり奥様にお持ちだったんですね。 
極少数の私の周りの芸術家の奥さんも、ブタさんのように大変です。 同じようなこと昨日も聞き、偶然来られた旦那さんは、奥さんを自分の分身のようにあれこれ指図。
はたから笑いながら見てると、ほほえましい(本人は激怒してましたけど・笑)。
芸術家の奥様・周りの人達は、忍耐強くて、本当に縁の下の力持ち、夫唱婦随。 奥様方に拍手送りたい、と言いながら、昨日はしっかり一番よく食べて帰ってきました。 笑 
この象さんのお尻、他の作品に比べると、凄くリアルです。 男性は、ふくらみの部分が好きなのかな~~? 笑

投稿: 555 | 2009年11月29日 (日) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485350/32233794

この記事へのトラックバック一覧です: ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅱ:

« ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅰ | トップページ | あけましておめでとうございます »