カテゴリー「音楽」の1件の投稿

ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅱ

Ele16 『ELEPHANT ACCIDENT '98Ⅱ』

180×100㎝ 1998年

Bond Work

助手のお仕事時代……の、ちょっとした回想。

基本は忍耐。

芸術家様のこだわりと気まぐれに、どれだけ忍耐強く対応できるか……

というわけで、基本事項の中に『尊敬』の感情が抜け落ちていると、なかなか長続きしないお仕事です(笑)

某年某日の、とある会場での作品搬入の日。

芸術家様の頭の中には、ふくらむふくらむ(無謀な)構想がいっぱい。

― あれをこちらに、これをあちらに……

― 床からの距離をセンチ刻みで正確に。作品の間隔をミリ単位で正確に。

― 水平垂直は基本中の基本。作品のゆがみは空間を乱すと心得て。

……いや、いいのです。芸術家様は何を言っても。助手は言われたとおりに動きます。

「それって、ちょっと、変じゃ~ん。基本、間違ってねえかぁ~(゚Д゚)?」

と、たとえ思ったとしても 

(↑ たとえ…です。あくまでも、たとえ…(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ)

決して口には出しません。なぜなら、助手のプロだから。

(↑ 嘘です。本当は、面倒くさいからです。ごめんなさい)

「げ、マジかよ」と、清き心の声が聞こえようとも、言われるがままに迅速に対応。

小さめの作品は、大した労力ではないので、まあ、良しとしましょう。

問題は、大人四人がかりでも、ふうふう言わなければ運べない作品の場合です。

美術館の展示室も、作品も…どちらも傷つけるわけにはいかないので、細心の注意が必要で、心身ともに疲れる搬入となります。

…で、そのバカでかくて、軽く80キロは越える作品を何とか壁面に立て掛け、ふう~っと汗を拭っていると、、、

会場を眺め回して、芸術家様は軽くひと言。

「ああ、あっちの作品と入れ替えたほうががいいな」

……そ、そうですか、、、、一息ついていた助手たちはモゾモゾと動き始め、えんやこらどっこいしょ、と作品を移動させる。

「うーーーん。いまいちだな。やっぱり、最初に戻しましょう」

……そっ、そーーなんですかぁっ!元あった場所に戻すとおっしゃるんですかぁっーー!

段々と無口になっていく助手たちは、それでもモゾモゾと集合して、作品を元の位置に戻す。腕がプルプル震えます。。。頼むから、これ以上もう何も言うなよ、、、という言葉は心の奥深くに飲み込みます(-゛-メ)

さて、芸術家様が暫く会場を眺めていると、事務局からお呼びがかかり、会場を暫し出て行かれることに……で、出て行く際に軽くひと言。

「ああ、この作品、あと1センチ右に寄せといてください」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

縦2メートル 横3.7メートルの、この作品をですか?1センチ右にずらせと?

芸術様が去った後、助手は皆、背骨から溶けて軟体動物と化しました。

誰一人、動こうとはしないのでした、、、皆の心は哲学の小路へ……1センチの意味を求めて(笑)、、、あったりめぇじゃ!! p(`ε´q)

結局、助手の抜け殻たちがグズグズ放心している間に、芸術家様が戻られ、会場を見てひと言。

「あ。いいじゃない。よし、これでいきましょう」

……って、誰も作品を動かしちゃいねぇーぜ、おい。

しかし、助手は抜け殻からもとの助手に戻り、皆で 「はい o(*^▽^*)o」と、大変良いお返事をして搬入から開放されるのでした。

めちゃめちゃやな……この人、、、とは思うものの、並んだ作品群に元気を貰って、いい気分で搬入の一日を終えるのでした。

さて、今泉の昔々の同僚の声楽家、笠井キミ子先生からリサイタルのお知らせが届きました。

いつもカラフルな衣装に身を包まれた、大変お洒落な先生で、よく展覧会場へ足を運んでくださいました。

笠井先生が作品前に立って鑑賞をしていらっしゃるのを後ろから眺め、今泉がよく、

「笠井先生、作品の一部になってるね」

と、感心していたのを覚えています。

今もお元気で綺麗なソプラノをご披露されていらっしゃるご様子、大変嬉しく思います。

Kasai 笠井キミ子 ソプラノリサイタル

ソプラノ 笠井キミ子

ピアノ 楠本隆一

バレエ 長谷川さくら

2009年12月14日(月) 18:00会場 18:30開演

福岡銀行本店大ホール チケット:3,000(全席自由)

お申し込み・お問い合わせ 

詳しくはこちら→「kasai.pdf」をダウンロード

| | コメント (9) | トラックバック (0)